FC2ブログ

2014-4-23(水)  43回目のキッザニア ピザーラスポンサーデー 「エネルギー会社(アルバイト)」



お仕事内容に変化が無いお仕事や、特にハプニングのなかったお仕事の記述は割愛しています。
この日全般のお仕事記録は
43回目のキッザニア 4月23日(水) 43回目のキッザニア ピザーラスポンサーデー この日のチェブのお仕事記録

を参照してください。






1つ目のお仕事「ベーカリー」を終え、予想外の「ウエディングセレモニー」の予約も終えたチェブは
もう1年近くも前からやりたがっていた「クライミングビルディング」に行って身長を測ってもらう。
仲間内ではチェブだけが身長が足りずチャレンジできていないので、一刻も早く体験したいようだ。
待ち時間も0だったので、もし身長がクリアすれば集合時間内で体験できることができるのだ。

「前より背が高くなっている気がするから、きっとできるっ!!!」とチェブはやけに自信満々だが、
測って頂いた結果は118cm。
またしても残念、体験できずでショボーンと項垂れるチェブだった。

でも、あたくしには、普段から何をするにもノロマでトロくて、運動神経が無くて(スイミングでは
選手育成クラスにいるけど、走るのも遅い、逆上がりもできない、そんなチェブが運動神経が良いとは
思えない)、要領の悪いチェブだから、宙ぶらりんになってアワアワと慌てふためき、人様に多大な
迷惑をかけてしまうであろうチェブの姿が今もう既に想像でき、その姿に「本当に鈍臭い・・・」と
情けなくてイライラしてしまう・・・そんなあたくし自身の姿も容易に想像できてしまうので、
なるべくなら実現できる日が早く来て欲しくない・・・チェブには秘密でそう思っている、
「良くない親の見本」のあたくしである。




さて、「クライミングビルディング」ができないことになったので、集合時間までの30分は
アルバイトで過ごすことにした。
そういえば、チェブがキッザニアに来ていなかった間に、「エネルギー会社」では新しく
アルバイトのお仕事が始まっていた。
その時の記事はコチラ。

エネルギー会社でアルバイトが始まった

「ガス工事のお知らせです」と周辺パビリオンに知らせるのがお仕事だというので、あたくしは
てっきり、ご近所のパビリオンにチラシを配り歩くのかと想像していた。
ところが実際は全く違った。


PIC_0105.jpg



PIC_0106.jpg

工事内容・・・ガス菅の配管工事
工事場所・・・キッザニア東京 建設現場付近
工事予定日日程・・・本日9:00am~9:00pm



「エネルギー会社」の周辺のパピリオンにチラシを配り歩くのかと思っていたんだけど、
そうではなかった。

この日初めて体験したアルバイトなので、工事現場がその都度変わるのかどうか知らない。
もし変わるとしたら、チラシの配布先も変わるだろう。
ここでは、この日のことについて記していく。

この日工事現場となったのは、「エネファーム」のお仕事の時に配管工事作業をした、
建設現場の前の階段付近なので、その真上に位置する「保護者ラウンジ」に行って
「ガス工事のお知らせです」と伝えて、ポストにチラシを入れてくるのがお仕事内容だった。

PIC_0107.jpg

PIC_0108_20140429174905f42.jpg

届け先の場所さえ把握していれば、あっという間に終わってしまうお仕事だ。
時間が有効に使えるという点において、アルバイトは本当に助かるね。






スポンサーサイト




2014-4-23(水)  43回目のキッザニア ピザーラスポンサーデー 【会員限定企画】キャラクター達の誕生日をお祝いしよう!!!

現在キッザニアでは、4月-6月にかけて「キッザニアクラブ東京」会員限定の連動企画が行われている。
その名も「キャラクター達の誕生日をお祝いしよう!!!」。
キッザニアのキャラクター、ウルバノ4月23日、バッチェ5月28日、ビータ6月5日が誕生日なので、
それぞれの月に来場し、各キャラにお祝いメッセージカードを手渡しすると、お礼としてカードが
もらえる。
そのカードをキャラ3種類分集めると、限定グッズが頂ける・・・という、大昔にディズニーランドが
年パス者に対してやっていたキャンペーンと同じようなことをやっているのだ
(「配布物」とか、常連の間では言ってたよね、限定グッズのこと)。

オリジナルグッズにはあまり興味がないチェブだけど、メッセージカードを書くのが好きなので
とりあえず参加してみることにした。
しかも、この日は、ちょうどウルバノの誕生日当日だったしね。



お祝いメッセージカードは、会員専用サイトからダウンロードしていくことができるが、忘れたので
キッザニアに入場してからインフォメーションで頂き、空き時間にせっせと書く。

PIC_0109_20140428173125d72.jpg

書いたらウルバノに渡す。

PIC_0110.jpg

PIC_0111.jpg

ウルバノ受け取る。

PIC_0112.jpg

ウルバノ喜ぶ、めちゃくちゃ喜ぶ。

PIC_0114_20140428174042b19.jpg

そしてハグ。

PIC_0116.jpg

さらにハグ。

PIC_0117_20140428175204c79.jpg

臍が見えてるよチェブ・・・。



お礼に頂いたのは、このカード。

DSC_0152.jpg

裏は、ウルバノのプロフィールが載っていた。

誕生日・・・4月23日
年齢・・・9歳
趣味・・・サッカー、F1レース、ゲーム、アクション映画を観ること、SF小説を読むこと。




「サッカー」「F1レース」ときているところがブラジルっぽいが、キッザニア発祥はメキシコなので
ウルバノもメキシコ出身となる(東京は世界で3番目にできたキッザニアであり、甲子園は5番目である)。
因みに、ブラジルにはサンパウロにキッザニアがある。








2014-4-23(水)  43回目のキッザニア ピザーラスポンサーデー この日頂いたお土産の数々

スポンサーデーは、お土産をくれるスポンサーと、残念ながら何もくれないスポンサーとに分かれる。

また、お土産をくれるスポンサーの中でも
「ごっそりくれる(←5品以上。数は少なくても豪華だったりする場合もある)」
「まあまあくれる←3-5品)」
「少ない、少しだけ(←1、2品)」
「住所・氏名などの個人情報と引換えにお土産をくれる(←とっても嫌)」
とに分かれる。


こう言ったことを書くと「下品」だと思われるだろうが、「ごっそりくれる」スポンサーは大好きだ。

その「ごっそりお土産」をくれるスポンサーは今までの経験上、「コカコーラ」「森永乳業」
「ドンク」「集英社」、もう無いけど「クリニーク」、そして「ピザーラ」だ。

もしかしたら、あたくしが参加していないスポンサーデーでは他の企業さんも「ごっそり」と
くれるのかもしれないが、経験していないので、その企業名は挙げられない、あしからず。


さて、昨年のスポンサーデーのお土産の内容は

キッザニア東京 ピザーラデーで頂いたお土産

で紹介した。
今回の「お土産」は・・・

DSC_0149.jpg

またしてもチェブの大好きなポケモン物。
たとえシーズン遅れの物であっても、ポケモンなら何でも嬉しいチェブにとって
「ピザーラ」さんのお土産は本当に最高に嬉しいみたいだ。

自由帳・下敷き・定規・分度器セット・毎度お馴染み「ピザーラ」エプロン

そして

DSC_0147.jpg

お馴染み「ピザーラ」帽子。

「ピザーラ」エプロンのほうは家でも色々と使っているけど(かなり重宝)、帽子は全く使い道がない。
今年もまた「クローゼットの奥へ行ってらっしゃい」コースだ・・・。







2014-4-23(水)  43回目のキッザニア ピザースポンサーデー この日のチェブのお仕事記録

昨日は、ちょうど2ヶ月ぶりのキッザニア、「ピザーラスポンサーデー」。
個人面談の関係で学校が4時間+お給食だけで学校から帰って来たチェブを待ち家を出る。
豊洲に着いたのは、3時前。
カウンターで手続きをしてもらった番号は

DSC_0107.jpg

この日のお仕事開始時刻は通常よりも1時間遅くスタートされるので、入場時刻も1時間近く遅く、
まだこの段階で集合時間まで1時間あった。
そこでソファーに座って軽くおやつを食べたり、紀伊国屋で最近気になっている恐竜の絵本
黒川みつひろさんのトリケラトプスシリーズをチェックしたりしてり、雑貨屋をウロウロして
時間を過ごす。


DSC_0151.jpg


「絶対にコレはやるんだ!!!」は、キッザニアにおいては実現しないこともある。
それは何回、何十回通っても同じことで・・・。
最後のお仕事を「パレード」から「キャビンアテンダント(リーダー)」に突然変更したしね。
でも突然といえば、もっと突然すぎることが起こったのだ、この日は。


チェブのこの日の目的は前回も記したように、「CMスタジオ」と「料理スタジオ」だった。
特に「料理スタジオ」のドーナツ作りはも物凄く楽しみにしていて、前日に旦那がお土産で買ってきた、
大好物で普段なら2個ペロリといってしまうミスタードーナツの「ダブル・ポンデ・ショコラ」すら、
「明日、自分で作るから今日は食べない」と我慢するくらい楽しみにしていたのだ。
が、それが突然、「それは次回のお楽しみ」になった。

実は、学校で「今日キッザニアに行くんだ~」とお給食の時間に班のお友達(男児)にお話したら
「俺もこの間行った。かぁーちゃんから『妹と一緒に結婚式のお仕事をやれ』って言われて、やった。
超恥ずかしかった、あの仕事はもう2度とやらね」と聞いたそうだ。
普通「超恥ずかしかった」「もう2度とやらね」と聞いたらば、(それはやらないほうが賢明だな)と
思うだろう、普通なら。
が、頭のネジが1本どころか数本吹っ飛んでいるチェブは、恥ずかしかっという貴重な経験談を
見事に聞き落とし、寧ろ、その経験談を耳にしたことで(結婚式のお仕事、僕は1度もしてないぞ!!!)と
(こりゃ、僕もやらねばならんっ!!!)と突然ヘンテコなライバル心をメラメラと燃やし始めて、
急遽「ウエディングセレモニー」のお仕事を予約することに。


そんなことがあったとは知らないあたくしは、最初のお仕事の「ベーカリー」が終わった後に
「じゃ、予約に行ってきな。中央広場で待っているからね」とチェブを放牧。
てっきり「料理スタジオ」に行くんだと思ったら、劇場に向かいZVさんと何やら話しているので
我が家定番の「マジックスタジオ(ステージ)」の予約状況を確認してから、「料理スタジオ」に
行くのかと思った。

その時、ありがたくも嬉しいことに、拙宅を読んでくださっている方からお声をかけて頂き
(本当にありがとうございます。人見知りと口下手故、挙動不審な態度を取り、もしもご気分を
害するようなことをしておりましたら、申し訳ございません)
楽しくお話をさせて頂いていた。

初対面なのに凄くお話しやすい方だったので、本当はもっとお話をしていたかったのに、
そこにチェブが戻ってきて「結婚式、結婚式、ねぇねぇ」とあたくしの腕を引っ張って会話を邪魔する・・・、
空気の全く読めないヤツである。
とにかくチェブがギャーピーと煩かったので、名残惜しくもここでお別れをさせて頂き、
「なんだなんだ、どうしたどうした」とチェブに尋ねれば、「僕、結婚式するから」。
「はぁ~?」と思わず、膝から崩れ落ちそうになったあたくしである。

覚えている方はいらっしゃるだろうか?
あたくし、「ウエディングセレモニー」のお仕事に関して、結構酷評したものだ。
「女児は楽しいだろうが、男児にとっては苦行だよ」と。
それは友人達から寄せられた数多な体験談や目撃談と、あたくし自身が体験している男児達を見て
記したことだったが、よもや我が家自身がその苦行を、しかもチェブ自ら進んでやることになるとは・・・。

・・・世の中何が起きるか判らん。

あたくしの頭の中で、この言葉が、恰も電光掲示板のようにクルックルッと巡っていた。
それもすっげぇ速さで、巡っていた。




4月23日(水)の2部、ピザーラスポンサーデーでやりたいこと

とりあえず今の段階では仕事の都合もつきそうなので、学校が終わってから直行予定。

小学校に上がってから、学校の終わり時間が読めないので→帰りの会が長引くことが多々あり。
第2部に行く時は、わざわざ朝から順番ご案内カードに並ばないようになった。
番号を取ってもヘタしたら後ろにズレこんでしまい、途中で入れてもらうことになるが、
それって本当に迷惑だし、チェブ的にも、本当は(もっと早く入れたのに・・・)とモヤモヤが残る。
あたくしも(折角朝から並んだのにぃ~)とイライラする。
だったら、最初から、苦労して早起きして順番を取ることなんかしない。
チェブには、順番を取っていないから、後ろのほうの入場になる。
だとすると、希望のお仕事ができなくなる可能性もあるし、1日でこなせるお仕事の数も少ないだろう、
でもまぁ、そこは気持ちの切り替えをし、臨機応変に立ち回れ・・・と言い聞かせておいたほうが、
あたくしにとっても、チェブにとっても両方に都合がいいのだ、精神的にも肉体的にも。

40回以上来ていて、やりたいお仕事は全て何度も経験しているからこそ、気持ちのも切り替えが
簡単にできるんだ・・・と言われてしまえばそれまでなんだけど。


さて、23日(水)のピザーラデーでチェブがやりたいと思っていることは・・・

・まだ未経験のCMスタジオ
・メニューが変わった料理スタジオ

この2つは絶対らしい。
定番の動物病院とマジックスタジオもかな?
ビューテイーサロンは、チェブが惚れ込んでいるZVの○○○さんが来ていたらやるし、
来ていなかったらやらないだろう。

あとは、この間やってみて意外と面白かった「朝日新聞」かな?
ところで、いつまでも前回の「朝日新聞」の体験記事が載らないのは、実はその時の写真を
全部消してしまって、記事にする気力もなくってしまったからだ。
初めて作った新聞は、我が家の壁に貼って飾ってあるので、近いうちにそれだけでもUPしようかと
そう思いつつ、なんだかんだと日が過ぎていく毎日である・・・。





いちいち言わなくてもいいだろ・・・って思いますが、寧ろ言う必要ありますか?

いちいち「うちはアンチ●●なんだけど」って、それ言って歩く必要ある?
おたくはアンチかもしれないけど、我が家やお友達のおうちは大ファンなわけよ。
そんなに誰彼構わず「うちはアンチ●●なんだけど」を強調したいなら、大ファンの我々と
一緒に行かなければいいんじゃない?
寧ろ、行かない方がいいんじゃない?
だって、アンチなんでしょ?
それでも「子供が一緒に行きたいって言ってるから」と誘いを受けたんなら、とりあえずは
黙ってればいいんじゃない?
アンチなのはおたくの勝手だけど、それを聞こえよがしに、「アンチなのに子供が誘われたから」
「子供が行きたいからアンチだけど行く」とか言うのは、大人としてどうなのか?
それを聞かされた、誘ったほうの気分や、ファンの気分はを考えないの?


以上、いちいちそれを言って歩く必要が一体どこにあるって言うの?という愚痴でした。




4月23日(水)の2部、ピザーラスポンサーデーに行く予定

このままあたくしの仕事の都合が土壇場で変わらなければ、4月23日(水)の2部に
今年もピザーラスポンサーデーに行きます。
もし何処かでお逢いすることがありましたら、よろしくお願い致します。

さてさて例年がっつりお土産をくださるピザーラさん。
こちらは、昨年頂いたもの。

キッザニア東京 ピザーラデーで頂いたお土産

特にポケモン物が嬉しかったチェブ。
仕事の都合によっては突然行かれなくなってしまうことがあることは理解していても
(最近は理解してくれるようになったからありがたい)、今年は何が貰えるのかな~と
今から期待ワクワク中のチェブ。

ところで、よく勘違いされる方が多いけれど、スポンサーデーだからといって、お仕事内容の変更は
ありませんからね、通常通りです。
ピザーラのスポンサーデーだから、ピザーラでお仕事をしたら、何か特別なことがあるかも!!!とか
期待しても無駄です。
そんな特別なこと、なぁ~んもありません。
特別なお仕事をしたかったら、「キッザニアクラブ東京」の会員になり、年に1度の「会員デー」に
参加してください。

因みに、昨年12月に行われた「会員デー」での「ピザショップ(ピザーラ)」の特別企画は
通常は「認定」を取っていないとできない「ハーフ&ハーフのピザ作り」が、「認定」が取れていない
ワラベでもできる・・・ってことでした。


明日は大会・・・その結果

自由形25mはベストを4秒更新(因みに、昨年の9月からは5分以上の更新をしている)。
参加人数30名(うち2名棄権)の中では真ん中の順位だが、レベルの低いチェブにしてみたら
まあ順当な成績。

大失敗したのは、50m自由形。
最初の25mで失速し、折り返しの25mが体力不足でうまくいかず・・・、今までで
1番遅いタイムを出した、こんな遅いタイムを見て思わず笑ってしまうほど。
参加人数60人中(うち棄権・途中棄権が4名)、なんと55位。
つまりビリから2番目。
なんだそりゃ。

成績発表を見て、チェブ自身「ひっどい~!!! ビリから2番目だぁ~」ってゲラゲラ
笑ってた。
隣では、あと2秒で10位圏内に入れたのに・・・と泣いている子がいるというのに
ビリから2番目というとんでもねぇ成績で笑っていられるその神経が判らん。
負けず嫌いの無さってのは、こういったところにも出るもんなんだ・・・と溜息。

25mで自己ベスト出したことだけが、今日の救いだった。
じゃなかったら、あたくしはもう・・・泣いてたよ。

同じチームのお友達2人と帰りの電車の中で、妖怪ウォッチの話で盛り上がったり、
窓から見える景色や、互いの学校のこと(育成のチェブに属するレベルチームには2年生は7人いるが
全員が違う学校に通っている)を話したりして、ちょっとした遠足気分のようだった。
大会に行く時は、試合に参加できることより、どうも道中の友達との遊びがメインで
行ってるみたいだ。



ところで、今日は「水泳って怖いな」ってことが1つあった。

チェブと同じレベルチームに属する3年生の男子が50mバタフライでトップで泳いだんだけど、
タッチができていなくて、失格になってしまった。

さらに、チェブと同じレベルチームに属する1年生の男子。
この子は他所のスイミングクラブから年少の時に引き抜かれてやってきた子なんだけど、とにかく
何を泳がせても速くて、将来を非常に有望視されている子だ。
年長の時には既に100m個人メドレーを1分台で泳いでいた。
競技に出れば、いつも1位だったり、輝かしい記録を残している。
それくらい前途が輝きに満ちている子なんだが、本日の大会でターンの時に体が思いがけず横にズレて、
回ることができず、修正がきかないことに慌ててしまい、焦った拍子に水を大量に飲み込んでしまって
呼吸困難に陥り、さらに、もがいた拍子に足をつってしまって途中棄権になってしまった。
25mまでは本当に素晴らしい速さで泳いでいただけに、非常に残念だ。
この子もそうだったが、この子のママも泣き崩れていて、あたくし達はかける言葉もみつからなかった。

これだから、水泳って判らない。

因みにビリから2番目で過去最低の成績を出したチェブは不甲斐なさに反省の1つでもするかと思いきや、
家に帰ってきてから、ジバニャンのぬいぐるみと、赤ちゃんの頃から大切にしていて、もう擦り切れて
クタクタになっているスヌーピーのぬいぐるみを抱いて遊んでいた。

真剣味がまるで無いよね・・・、こっちはこっちで違う意味で泣けるわ。







明日は大会

明日は、某所でスイミングの大会。
チェブが出るのは、クロール25m、クロール50mの2種目。
「今回は2年生は全員この2種目参加。個人が得意な種目でのエントリーではない」とコーチが決めて
エントリーされたので、大会といえばいつも得意な(チェブの中では)バタフライで出場してきたチェブは
早くないクロールでの出場におもしろくない。
なのでテンションも低い。
うちのスイミングスクールの選手育成コースの場合、大会は忌引き以外は何があっても全員参加が
条件なので(学校のイベントよりもスイミングを優先する心構えがないと、育成コースから落とされる。
うちは、規定まで来たら誰でも選手に上がれるわけではなく、定員枠があり、選手コースのコーチが
10人で選抜会議を行い、満場一致で推された子供しか育成コースに入れない。
因みに、子供の技量もそうだが、親の性格も重視される。
いくら子供に技量があっても、親が見学中に喋ってばかりいたり、そもそも見学に来なかったり、
コーチに文句言ってきたり、スイミングに家族で協力して取り組む気持ちが感じられないと判断それたら
推薦もされない。
そして、いくら推薦されても、満場一致で推されなければ、育成コースには入れない)
出ないってことはありえないのだが、それにしたって、テンションが低い。
こんなにテンションが低いまま試合に出たって結果は見えてはいる。
親として、なにかモチベーションがあがることをしたほうが良いのかとも思うし、モチベーションを
上げる為に色々と工夫されるだろうが、チェブの場合は、周囲がどんなに言っても頑固で聞かないし、
ヘタしたら、「泳ぐのは僕なんだから放っておいて」と怒り出すので敢えて放っておくことにする。
トロイくせに、面倒な子供なのだ、チェブは。




« »

04 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
キッザニア記事について
勘違いをされる方が多いので、改めて・・・。
キッザニアクラブの3つ星を遥か昔に取得してはいますが、当方「コアなキッザニア常連」でもないし、 拙宅も「キッザニアファンブログ」ではありません。 寧ろ「コア」にも「通」にもならないよう、いつまでも新鮮な気持ちの「新参者」でありたいと 思っています。 「キッザニア以外の記事は要らないねっ!!!」「最新情報しか要らないねっ!!!」という方は、 ブログ名に「キッザニア」をつけているような「キッザニアファンサイトさん」へどうぞ。

キッザニアは、全般的なシステム、その他諸々が変更になることがあります。 1回に体験できる定員についても、人気の為によく変更が起こります。 こちらに書かれていることは、「あくまで記事を記した時期のこと」と、 ご理解された上で参照してください。

1個人が感じたことをそのまま記しております。 中には、意見の相違からムカっ腹の立つことが書かれているかもしれませんが、万人に 読んで頂こう、賛同を得ようと思って記しているわけではないので、気に入らないのなら 読まなくて結構です、こちらも「読んで」と頼んではいません。

拙宅は、あくまで1個人が覚書として記しているものなので、アテにならない面もあると思います。 それでもおKならば、過去文を参照してください。 アテにならないのは困るんだ!!!という方は、「コアな常連さん」「キッザニアファンサイトさん」の ところへ、さあどうぞ。
キッザニア記事「過去文」を探すには

過去に体験した頁へリンクを貼っている時もあれば、貼ってない時もあります。 怠惰が服着て歩いている、そんなあたくしなのでお許しください。 「全記事表示リンク」「アーカイヴ」から、若しくは「Seach」や「検索」に単語を入力してご覧下さい。
プロフィール

RAZI

Author:RAZI

RAZI=ラジ

ブログ開設時の3歳はチェブラーシカにそっくり、
9歳の今はオタマロにそっくりな男児の母にして、
何よりも焼麸を愛し、米よりも焼麩を主食に選び
恍惚と貪り食う、「グルテンフリー」の世の中の
流れとは真逆に生きる女。

好物・・・「腐」傾向もあったりなかったり。

◆Peanuts◆
スヌーピー
チャーリーブラウン

◆アメコミ◆
スパイディ
デッドプール
フラッシュ
ティーンタイタンズ

◆音楽◆
洋物全般(ジャンル問わず)
仮面ライダーもの

◆パフォーミングアーツ◆
歌舞伎
(音羽屋・・・おやぢさま、松緑さま 亀亀兄弟
播磨屋・・・米吉くん
高麗屋・・・染さま)
小劇団(カムカムミニキーナ、動物電気)

◆映画◆
「フラットパック」のメンバーの作品は
未公開も含めて全作観るのが使命だと
思っている、加えて、世間の評価がどうであれ、
「フラットパック」メンバーの作品は全て
アカデミー賞ものであるとそう頑なに信じる
狂信的「フラットパック信者」。
---- 「フラットパック」メンバー ----
ベン・スティラー
ジャック・ブラック
ウィル・フェレル
スティーヴ・カレル
ルーク・ウィルソン
オーウェン・ウィルソン
ヴィンス・ヴォーン

◆笑わせる人達◆
チュートリアル(福ちゃん贔屓)
フットボールアワー(後藤さん贔屓)
オリエンタルラジオ
オードリー


◆和物ドラマ◆
相棒(イタミン、神戸くん、大河内さん、
暇課長周辺)
仮面ライダー「OOO」、特にバースコンビ。

◆洋物ドラマ◆
Dr.HOUSE
Glee
CHUCK
モダンファミリー
ママと恋に落ちるまで
ビッグバン★セオリー

→HOMICIDEを知っている人、あなたとは
生涯の友になれそうな気がします。
いや、是非なってください。



最新記事
全記事表示リンク
カウンター
検索フォーム

Archive
忍者AdMax 無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ