FC2ブログ

さすがキッザニアスポンサーデー、Zoffさんのお土産が素晴らしい!!!

夏休み後半、メガネをZoffで新しく作り直した時に「キッザニア東京ご招待」の応募券を頂いた。
物は試しにと応募してみたものの、それからずっと忘れていた。
で、忘れきっていた頃に

img030_2015102616414598b.jpg

img029_201510261642073d5.jpg

当選のお知らせが届いた。
でもこの日の3日前から、あたくしは腰が悪く立っていることもできず(軽いぎっくり腰をやっていた)、
胸も息苦しく病院で1日検査することになっていたので行かれない。
旦那も仕事で行かれない。
そもそもチェブが知人のご家族と歌舞伎観劇に行く予定が既に1か月前から入っていたので行かれない
(チェブはあたくしの影響を受けて、この1年ですっかり歌舞伎クラスタになっていた)。
このままだとチケットが無駄になってしまう。
普通のチケットならまだしも、「スポンサーデー」だ。
これを流してしまうのはとても惜しいということは経験者なら周知のことだろう。
なにしろサプライズプレゼントを頂けることが非常に多いからだ。
折角のスポンサーデーだし、どなたかキッザニアが好きなお友達に行ってもらいたいとチェブの保育園
からのお友達で私立小に行ってるけど、今も仲良くしているYちゃんにお譲りすることにした
(念の為に記しておくが、当選者が金品を要求しないで他人に譲るのはこのチケットの場合はおK、
オークションで売買するのは「やめてください」と言われているが、やっている人多い。逆にいえば、
それだけ大勢の人がスポンサーテーの価値を知っているからだ)。

Yちゃんは私立小のお友達とYちゃんのママと3人で行ったそうだ。
放課後の掃除当番や乗り換えをしくじったりして、キッザニアに着いたのは6時頃で、大抵の人気のある
お仕事は全然できない状態だったけど、それでも退園までに8つ(含むアルバイト2つ)のお仕事が
できたとラインでお仕事をしている写真を送ってくれた。

期間限定の壁に絵を塗るお仕事も、絵を描くのが好きで絵画教室に通っている2人にはとても
楽しかったらしい。




スポンサーデーの楽しみは、帰り際にお土産が配られること
(お土産を出さないスポンサーも中にはあるのでスポンサーデーだからといって必ずしもお土産が
頂けるわけではない。
過去に頂いた各スポンサーのお土産は過去文に記してあります。
また勘違いされる人が非常に多いが、チケットにスポンサー名が入っていても、全てが
スポンサーデーとは限らないので気をつけて頂きたい。
中には「ご招待枠のチケット」というのがあって、企業が株主へのプレゼントしたり、懸賞のご招待枠ってのが
あって、そのチケットで入場した場合はお土産が出ないことが多々ある。
きほへんスポンサーデーは貸切になっているので、送られてきた案内に「貸切」と書いてなかったら
スポンサーデーではないと判断した方がいい)。
この日Zoffが配ったお土産が凄い。

DSC_0869.jpg

DSC_0872.jpg

DSC_0870.jpg

DSC_0871.jpg


このサングラス。
店頭とオンラインで3500円で売られてるもの。
今回何百人当選したのか知らないけれど、1応募に対して当選チケット3枚発行し、そのチケット1枚に対して
1つずつお土産を配っている。
少なくとも1家族3人が入場すれば、1家族分の合計は3500円x3=10500円
総費用を考えると驚くね。
太っ腹も太っ腹だよZoffさん!!!


スポンサーサイト




産休代替教員にイライラ・・・その後

担任が産休に入り、産休代替教員として50代後半の男性教員がクラスを受け持って
1か月が過ぎた。

そもそも元の担任が妊娠を発表したのが6月で産休に入ったのが10月。
その間、何度も何度も体調が悪くなって突然体調不良を訴え授業を放棄して帰宅してしまったこともあった。
根は「生真面目」な方だったから御本人も辛かったと思うし、体調不良なのは致し方ないと思う。
あたくし自身チェブを妊娠中、切迫の危険があって自宅療養を言い渡されたことがあるからな・・・。

ただ、学校・勉強方面から見ると、元々お休みや遅刻早退される日が判っている場合は、副担任や
教頭先生が授業を受け持ってくださったり、予め用意されたプリントをすることで授業を進めることが
できたのだが、突然何の前触れもなく早退されてしまった時などは、準備されたプリントもなかったり
副担任も教頭も都合がつかない時があり、そんな時は計算ドリルをやるとか読書をするとか等
自習になっていた。
9月以降その頻度は高まり、結果的に隣のクラスは順調に教科書の範囲をこなして算数などは下巻に
進んでいるのにうちのクラスだけは大幅に遅れ、10月の頭になってもまだ上巻をちんたらやっている
状況だった。
当然クラスの垣根を突破して、選抜テストの成績順で配属が決まる少人数レベル別授業の時、
進んでいる隣のクラスの子供達と遅れているうちのクラスの子供達との差が開きすぎて、担当する先生が
どちらに照準を合わせて授業をしていいのか判らない・・・といった事態まで起きた。
チェブが属しているのは、松竹梅でいうところの「松」で教科書の内容はせず中受用の応用問題を
やっているから関係無い、「梅」に属するワラベ達は2年生の復習をしているからこれも関係無いが、
1番煽りを受けたのは、1番人数の多い「竹」のクラスで教科書中心のワラベ達だ。
「竹」に属するうちのクラスのワラベに合わすと「竹」に属する隣のワラベ達にとっては遅れすぎ、
かといってその逆だとうちのクラスの「竹」に属するワラベがついていけない。
結局、どっちつかずの授業になってしまい、「竹」に属する双方のクラスの保護者から
苦情が殺到した。

そんなことが起きている中で10月の2週目に、全ての引き継ぎを終えて産休に入った元担任。
クラス委員のママさん達が「先生に今まで感謝として何かプレゼントを贈ろうかと思いますが
いかがですか?」とクラスラインで流すと、「冗談じゃない」というご意見が多かった。
それどころか、元担任が最後にクラス保護者会を開いた際、「そもそも子作りをしていたのなら
何故担任を引き受けたんだ」「無責任にもほどがある」と何人ものママさん達から糾弾され、
ガチャピン顔が可哀想なくらいの有様になっていた。
そんな状況だったので、プレゼントもなく、花束1つなく、クラス委員のママさん達が
手製のカードを作ってくださって、それに子供達1人1人にメッセージを書かせて
先生にサプライズで贈ろうということで落ち着いた。




そのすったもんだの後、引き継いだのが6月から体育だけは受け持っていた50代後半の
男性教員だった。
隣のクラスと大きく差が開いてしまっている学習進度(算数だけでなく、国語も片や下巻突入済、
一方うちのクラスは上巻の半ばあたり)をなんとか埋めるべく、かといって、授業でちんたら
やっているわけにもいかず・・・。
その結果「隣のクラスとの「差」に該当する単元は全てお渡しするプリントと家庭学習で
お願いします」状態になり、ご家庭任せ、本人任せになってしまった。
お陰で大量の宿題だし、遅れた分の単元のテストや漢字ドリルの確認テストや計算ドリルの
確認テストと自己勉強したものをどんどんテストして消化している。
そういったわけで、うちのクラスだけテストが多いし、宿題が多いのである。




引き継いだ男性教員にしてみても、正直とんだ迷惑だと思う。
やってある筈のことが途中放棄のままなんだから。
でも、それにしても、この男性教員もちょっと酷いところがある。
チェブだけでなく、他のお子さんもされたことを列記してみる。

・メガネをかけているが、視力が非常に悪いのでメガネをかけても視力が1.0出ない。
無理して1.0見える度数を3年生にかけさせると酔ってしまったり、頭痛を起こすことになるから避けたいので
学校では最前列にするように・・・という文書を医師から貰い学校に提出しているにも拘らず、生徒の名前と
顔が一致していないので名前順にした。その子は最後列になってしまい黒板が全く見えない。
そこで先生に「黒板が見えない」と訴えると「先生がみんなの名前を覚えるまで待って」と
取り合ってくれなかった。
6月から夏休み前まで週に3回、受け持っていたのはうちのクラスの30人だけだったのに、名前を
覚えていないってどうゆうこと?

・凄く優しい男の子で物知りなADDのお子さんがいるんだけど、その子のママが「ADHDのADDです。
だから集中力が持続しないので声がけをして頂きたい、サボっているわけでも遊んでいるわけでもない、
長い目で見守って頂きたい、医師からの(学校ではこういったところを注意し工夫して接して
あげて頂きたい)といったことが書かれた文書も4月の段階で学校に提出している、今までの担任の
先生方にもフォローをお願いしてきた。引き続きよろしくお願い致します」と言ったら、間髪入れずに
「それは優遇してくれと言うことですか?」と尋ねられた。「お宅のお子さんだけを面倒みている
わけではないのでね!!!」と言われた。
なにそれ!!!

・これはチェブに起きたことだけど、その日の6時間目に漢字テストがあることは予告されていたのだが
チェブは病院の予約が入っていたので5時間目終了後に早退した(うちの学校の場合、遅刻時早退時は
保護者が一緒でないとダメ)。
教室を出る前にチェブが先生に「僕の漢字テストはいつやりますか?」と確認した。
すると先生は「明日やる」と仰った。
それはあたくしも目前で見ていたし、しっかりと聞いた。
ところが次の日、そのテストは行われなかった。
「まぁ、先生にもご都合があるのだろうお忙しかったのだろう、で、いつに変更になったって?」と帰宅した
チェブに聞くと、「知らない。先生何も言わないで帰っちゃったもん」
はぁ?
「えっ?何も言わずに帰っちゃったの?」
「うん」
「なんで自分から先生に確認しなかったの?先生が言わないなら自分からテストやるか聞けば良かったのに」
「休み時間に○○君が■■君と喧嘩始めて、それで頭にきた○○君が暴れてカーテン破って、それを
みんなで止めに入っているうちに、■■君が鼻血出して、だから保健係り僕が保健室につれていったから
先生に聞いている時間がなかった。昼休みは昼休みで、図工の先生が展覧会に出す作品のお手伝いを
していたから時間がなかった」

テストの日が変更になることはどうでもいいんだけど、先生たるもの期日の変更はちゃんと伝えてくれないと
それも学年便りの「今月のお約束」のコーナーに「報告・連絡・相談のほうれんそうを守りましょう」と
書いてある今月に、期日変更の報告なしに帰宅しちゃうってのはどうなの?
一般企業だったら絶対に許されないことだよ。
そもそも自ら指定した日に履行されないのなら、この日に変更しますって伝えるのは人として常識。
当たり前のこと。
その当たり前に「些細なこと」などの程度は関係無い。
しかも教師だよ。

その時点で(無責任な人だな)とちょっと嫌な印象を覚えた。
で、連絡ノートに「先生のご都合も判りますが、子供には常に報告・連絡・相談を言い聞かせていますし
今月の学年便りにも守ろうと書いてありますし、それを先生が守ってくださらないとちょっと示しがつかず
困るのですが・・・」と書いたね、そこははっきりとね。

そうしたら先生から電話があって「実は、私、自分で『明日やる』って言ったことすっかり忘れてました」

・・・呆れた。

本当はもっと色々といろんなことが起きているけど、なんかもう脱力すぎてイライラ。
例えば個人面談で話しても人の話を聞かない・聞いてないって感じなんだよね、人が話していても
興味なしって感じで上の空なの。
視線とか斜め上向いちゃって、天井のシミでも数えてるの?って感じ。
あたくしと相性が合わなくてそんに態度をとってるのかと思ったら、聞くママさん聞くママさん
「あの先生のあの態度はなんなの!!!」と大激怒。
友達のママさんなんか頭に来て、「先生、私が先生にお話したこと聞いてくださっていました?
何をお話したかちょっと言ってくださいます?」って詰問したってくらい。
「はぁ・・・」ってしどろもどろで目を泳がせる産休代替教員。
言えるわけないじゃん、聞いてないんだもん。
「それでは子供達に人の話を聞けとは、とても言えないですね」とまたまた一発かます友達の
ママさん。
因みに、そのママさんのお子さん、チェブの友達は全国統一テストで1年生の時から優秀者として
名前を発表される常連さんだ(今回の11月のテストは旅行で受けなかった)。
そしてママさんは弁護士さんだ。
ママさんのお父さんも弁護士で、ママさんのお母さんはお医者さんで、ママさんの妹さんは
獣医さんだ。
パパさんも弁護士さんで、パパさんのお父さん、おじいさんは裁判官だ。
パパさんのお兄さんは法学者だ。
漫画のようなエリートご家族だ、何故公立小学校にいるのか不思議でしょうがないが
理由は簡単、国立(こくりつ)小学校の抽選で落ちたからだ。
でも、そんな天才少年でも、1人で留守番中に5時間ぶっ通しで3DSしてたら頭痛を起こして
事情を知ったママさんに「この馬鹿者が!!!」とケツの皮がめくれ上がる程尻を叩かれたという
お茶目なエピソードの持ち主だ。

・・・横道にそれたが。

とにもかくにも、産休代替教員には今日も昨日も一昨日も、毎日毎日みんなイライラさせられている。
男のくせにヒステリックに怒鳴り散らすしな。
怒鳴れば子供が言うこときくと思ってんのかね?
困ったもんだよ。


10月のマイファーストテスト

すっかり忘れていた10月のマイファーストテストの結果。
全国テストの後に後日受験をしたので記すのを忘れていた。

4月に日能研に入塾してからずっと2科目総合評価「7」をキープしてきたチェブだったが
9月のテストの算数で時間切れの空欄多数で大失敗してしまい、一気にドーンと「4」まで落ちた。
そこから少しマイファーストテスト恐怖症になっているチェブだった。

因みに、日能研の評価は、日能研先輩ママさんに直に聞いたり先輩ママさん達のブログなどに記載されている
ものを見るとこんな感じになっているらしい。
日能研が直接発表したわけではないので、あくまで参考程度である。
さらに因みに、中学受験の偏差値と高校受験の偏差値は最低でも10~15変わる。
例えば、A中学に中受する場合偏差値40から入れるとするならば、Aの付属のA高校に高校受験して
入るとなると最低でも偏差値50~55は必要だということだ。
学校によっちゃ20近く跳ね上がるところもある。
そこらへんを全く理解せず、中学の偏差値を見て「40なんて低すぎ」と笑う世間知らずの馬鹿が
意外と多いのに驚愕する。
尚、何故こんなに偏差値が動くか興味のある方は各自で調べてくださいな。

10 偏差値70~   
 9 偏差値65~69 
 8 偏差値60~64 
 7 偏差値55~59 
 6 偏差値50~54 
 5 偏差値45~49 
 4 偏差値40~44 
 3 偏差値  ~39 

「7」をキープし続け「4」にドーンと落ち、あたくしはオロオロしたが、旦那は「今までがチェブにしたら良すぎ」と
笑っていた。
少しそれで救われた。
チェブも言葉にはしなかったし、表情にも出さなかったけど、実はベッドの中で泣いていたのを知っている。
まだ3年生、こんな段階で偏差値や評価を気にしているなんてナンセンスだと思うが、やはり人間だもん
どんなことだって「落ちる」は辛い。
それを旦那は「今のうちにドーンと落ちていればいい。どん底にいれば後は上がるだけだから気楽」と
のほほんと笑った。
普段、太平楽の旦那にムカつくことも多いけど、この時ばかりはありがたかった。


そんな心持ちで受けた10月のマイファーストテスト。
その結果は(今回から伏字を使わず番台表記にします←伏字がめんどくせぇから)

2科目合計は平均点より10点↑ 
総合順位は1702人中700番台
男女別順位は911人中300番台

国語は平均点より8点↑
総合順位は1702人中500番台
男女別順位は911人中200番台

算数は平均点より2点↑
総合順位は1702人中800番台
男女別順位は911人中400番台

最近、好きな算数がなかなか点が取れず、本人の大嫌いな国語が少しずつ点が取れだしている
寧ろ、国語でカバーしているという不思議現象が起きている。
日能研のあのとんでもなく長い文章問題を読むだけでもチェブにしては奇跡に近いことなのに、
ちゃんと空欄もなく、なんとか埋めてきて、カバーしているというところに成長を感じた。

評価は「6」。
まずまずの持ち直しだとチェブを褒めて、9月の失敗でお預けになっていたレゴニンジャゴーの
ゲームソフトを購入してあげたのだった。





それぞれの初冬

いきなり12月下旬の気温に即効で足元ヒーターを出した。
クソ寒すぎる。
昨日、後日受験で11月のマイファーストテストを受けてきたチェブ
(土曜日学校公開、日曜日は朝からスイミングの大会、自分の出場種目が終わった後で1人抜けさせて
もらって長唄の太鼓のお稽古に参加の為)。
後日受験の結果はまだ出ていないけど、スイミングの大会に向けての練習にかなりの時間を拘束されて
おまけに宿題も大量に出たり、うちのクラスだけの怒涛のテスト漬け(事情はいずれ話す)、さらに算数検定も
受けたりして、マイファーストテストの準備はろくにできず、漢字を何回かなぞっただけで受けたという
時間のやりくりが下手のチェブには非常にバタバタした毎日を過ごしてきたが、終わってしまえばもういいや
ということで、明日は理科のテストがあるのにも拘らず、ガス抜きとばかりに仲良しグループのお友達の
マンション(億ション、1か月お家賃が40万以上するマンション。住人専用のパーティールームや
キッズルームがあって予約をしておけば今日みたいな雨の日はキッズルームで遊ぶことができる)i
に遊びに行き、クッタクタになるまで遊んで帰ってきて、宿題をやった後に夕飯をもりもり食べて
おかわりもして、お風呂に入って寝落ちしてしまった。
明日理科のテストなんだけど・・・。

一方、あたくしはあたくしで、昨日からちょうべい君ママの悩みに向き合っている。
ちょうべい君はスイミングの成績も非常に良くベスト連発だ。
学校では情緒専門の通級クラスに入ることができて傍目には充実した毎日を送っているようだ。
普通クラスで授業を受けている時も今までのように問題行動を起こしてママが呼び出されることも
少なくなり、また学校から脱走することも、学校内で行方不明になることもなくなり、聞いているだけだと
成長を凄く感じると思う。
が、ママ曰く、団体行動がやはり苦手なのと空気を読めずにお喋りが止まらないのと動きたい衝動を
我慢できずそれで友達とトラブルになってしまうらしい。
今までは周囲の友達も(ちょうべいだからしょうがない)で済ませてくれたようなところも、次第に
(てめぇ、いい加減にしろよ)的な感情を持つクラスメートが出てきて、いじめに発展しているところもあり
クラス内学年内で完全孤立してしまって、友達がいないできない。
また本人も何故孤立しているか判っていないし、友達がいないことを苦にしていないので、
完全孤立していても我関せずの立場でいるから、余計に友達から相手にされず溝が深まっているそうだ。

担任の先生は色々と動いてくださっているようなんだけど、いかんせんちょうべい君が周囲との
折り合いをつけようせすぜ、また自分の意見を妥協しないので衝突が起き、喧嘩に発展していく
日々だそうだ。
選手として毎日5時過ぎにスイミングに来ては8時過ぎまでいるので、放課後お友達の遊ぶ時間がないのは
選手コースの子の宿命だし、時間に追われ慌ただしい日々を送るのも宿命だ。
そんな中でもクラスに1人でも腹を割って話せるお友達がいればママも安心するそうだが、
ちょうべい君のお友達は、同じ選手コースの子達しかいない。

通っている発達心理の病院の医師からは、公立中学では行きにくい面もあるので、ちょうべい君の
得意なことや興味を生かしてくれる私立中をオススメする、ご要望があればそういった学校も
ご案内できると仰ってくださったり、通級の担当先生やスクールカウンセラーの先生からも
公立中では浮きこぼれになる可能性が高いので、私立向きですと親身になって相談に乗ってくださったり、
情報を提供してくださっているのに、相も変わらずちょうべい君パパが「我が子、私立中学に行かせる程の
価値ある人間とは思えず」と言って医師には食って掛かり医師と喧嘩をしてしまい、通級の担当先生と
スクールカウンセラーの先生には色々と言ってしまったようで話にもならないそうだ。
悔し涙を流すちょうべいママにあたくしも思わずもらい泣きしてしまった。

でも、1つちょうべい君にはラッキーなことがある。
実は選手コースの同じ学年に、小学校は別だけど公立中学に進んだ場合、同じ学校になるお子さんがいる。
その子とちょうべい君は仲が良い。
その子は何事も達観している子だから付き合いやすいのかもしれない、余計なことも言わないし。
その子のママはとても気さくな人で面倒見が良いので、ちょうべい君もちょうべい君のママも安心だと思う。
だからか、ちょうべい君は、その子が入っているからとその子が所属している少年サッカークラブに入部したし、
その子が通っている公文のお教室にも入会した。

チェブはこの先どうなるか判らないけど、塾の関係でもし選手コースを辞めて一般コースになったとしたら
(4年生からチェブの通う日能研の教室は週2回になる。選手コースの規約で、育成は週1回のお休みは
許されるが、本科の選手コースは休み禁止平日の習い事禁止になるので平日の全ての習い事を
辞めなければならなくなる。
チェブは100個人メドレーのタイムが平泳ぎが足を引っ張って、ちょうべい君達が進んだ本科に上がれずいるが
パタフライのタイムが本科の上級生を抜いて良く、出場するどの大会でも大抵上位10人以内には入るので
スクール初の特例として、普段は育成に属し練習をしているが、本科の選手コースの大会が近づくと
→大抵月に3回はある
バタフライのみ本科の選手コース生になって出場するので(時には上級生をさしおいて、メドレーリレーに
バタフライの選手として出場する)、規約的には本科の選手コースの規約が適用されるというのだ、ややこしい!!!
つまり今のチェブは、育生コースのみの大会にも出るし、場合によっちゃバタフライで本科の選手コースの
人間として出るし、両方が参加する大会にも勿論出るし、クソ忙しい。
スイミングからはありがたいことに、今後を非常に期待して頂き、過ぎる高待遇で在籍させて頂いてるのだが
チェブ的には、現状は日能研>スイミングという考えにシフトしてきている。
→うちの小学校、区内トップの中受率でクラスの半分は受験するので、その影響もあると思うが、1番の
大きな理由は、選手コースでバリバリやってきた子が5年の夏以降に選手コースを辞めて塾に入って
中受しても、半分以上は失敗だったり悔いの残る結果しか残していないのを目の当たりにしているのと、
スイミングを始めるにあたり憧れだった近所に住むJO入賞常連で将来オリンピック候補と噂されていた
お兄ちゃんがスイミングの強い私立中学に入学して大会新記録連発した直後、急に勉強に目覚めて
水泳を辞めてしまったこともあるだろう、水泳だけでは生きられないという現実を感じ将来設計を
始めたお兄ちゃんの背中を見て、水泳だけの生活ってなんだろう?と疑問に思うようになったようだ。
それ故、日々少しずつ日能研>スイミングに考え方がシフトしてきている。だからいつ水泳は楽しく泳げればいいやと
一般コースに移る判らない)
練習時間も曜日も違うので、選手コースのママさん達とは疎遠になってしまうかもれしない。
そこは既にちょうべい君のママにも既に伝えている。

ちょうべい君が選手コースで頑張ってやっていければいいなと思う。
学校は難ありでも、選手コースのお友達とうまくやっていければいいなと思う。




クリスマス期間限定アクティビティに「クリスマスキャロル」がないってどういうこと?

目が凹む程公式HPを見たんだけど、なぜに「クリスマスキャロル」のお仕事がないの?
昨年はちょうどスイミングの大会が立て続けにあり練習三昧でクリスマスイベント期間内には
行けなかったからお仕事があったのかなかったのか知らないし、調べるのもめんどくせぇんだけど
一昨年まではちゃんとあったよね。
つか、チェブ、一昨年お友達と一緒にお仕事しているし!!!

クリスマスイベントの中であたくしが1番可愛らしくて素敵で感動するお仕事だと思っていた
「クリスマスキャロル」がないなんてショックだよ・・・。
もしかしてこれから追加されるのかな?
でもいつもこのお仕事は「クリスマス情報」が出たと同時にトップに表記されるんだけどな・・・。

因みに、過去の「クリスマスキャロル」のお仕事の様子はコチラ。

→チェブ保育園5歳児年長さん
19回目のキッザニア もうすぐお誕生日なのでキッザニア東京招待券を使って行って来た-第二部
「4つめのお仕事 クリスマスキャロル」



→チェブ小学1年生
39回目・40回目のキッザニア「お友達と一緒にクリスマスを楽しむ」クリスマスキャロル


そういえば、チェブがこの間久しぶりに行ったキッザニアが楽しかったのか、最近無意識のうちに
キッザニアソングを口ずさんでいる。
キッザニアもレゴランドもそうだけど、入場に年齢制限が決められているところは行ける時に
行っておかないと「また次のチャンスに行けばいいよね」なんてディズニーランドやUSJの感覚で
「今年行かなくたって無くならないもんね」なんてぐすぐすしていたら、あっと言う間に入場できない
年齢になってしまうから、行ける時はガンガン行くべき。

チェブだって、選手育成に入ってからガクンとキッザニア率が減ってしまった。
やれ大会だ、やれ練習だ、やれ記録会だ、やれ合宿だ・・・とスケジュールに追われて、昨年は
ほぼ行けなかった。
チェブが欲しがっている「地球儀(1万キッゾ)」まで、まだまだ半分も足りない。
3年生になってからは、スイミングの生活に加えて中学受験するかどうかも決めてないのに必要に
駆られて日能研にも行きだしたので(公文は英語だけにしたけど)塾のテストだ全国テストだと追われ、
お正月以来9月にやっと時間が空いて行けたってところ
(でもチェブのこと覚えていてくれたZVさんが大勢いらっしゃって嬉しかったよね、チェブもあたくしも)。

キッザニア好きの皆さん、行ける時にはガンガン行ってください。
来年の今頃、お子さんのスケジュールが今とはまるで違うことになっていて、行けなくなっちゃった!!!って
ことになってることも考えられます。
行ける時に行ってください。
キッザニアは無くならないけど、お子さんはずんずん年齢を重ねていきます。
タイムリミットは確実に近づいてくるのです。






キッザニアクラブ限定のクリスマスイベント

明日から今年のイベントの応募が始まるね。

チェブは10月からスイミングの後に長唄の太鼓を3月まで習っているので(東京都主催の「キッズ伝統芸能」に応募したら当選して、お稽古が10月から始まったのだ。3月には浅草公会堂で発表会があってお稽古修了になる)、時間がなくて行かれないけど、過去に参加した経験から言えば、クラブに入っているなら絶対に参加した方が良い。

その日だけの特別お仕事ができたり、お土産をたくさん出すブースもあったり、クリスマスプレゼントを頂けたり、普段とは違うキッザニアの盛り上がりを体験できる。
お祭り的盛り上がりで、その場にいるだけで楽しい。
1年に1回の大きなイベントだからね。

お薦めです。


« »

11 2015
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
キッザニア記事について
勘違いをされる方が多いので、改めて・・・。
キッザニアクラブの3つ星を遥か昔に取得してはいますが、当方「コアなキッザニア常連」でもないし、 拙宅も「キッザニアファンブログ」ではありません。 寧ろ「コア」にも「通」にもならないよう、いつまでも新鮮な気持ちの「新参者」でありたいと 思っています。 「キッザニア以外の記事は要らないねっ!!!」「最新情報しか要らないねっ!!!」という方は、 ブログ名に「キッザニア」をつけているような「キッザニアファンサイトさん」へどうぞ。

キッザニアは、全般的なシステム、その他諸々が変更になることがあります。 1回に体験できる定員についても、人気の為によく変更が起こります。 こちらに書かれていることは、「あくまで記事を記した時期のこと」と、 ご理解された上で参照してください。

1個人が感じたことをそのまま記しております。 中には、意見の相違からムカっ腹の立つことが書かれているかもしれませんが、万人に 読んで頂こう、賛同を得ようと思って記しているわけではないので、気に入らないのなら 読まなくて結構です、こちらも「読んで」と頼んではいません。

拙宅は、あくまで1個人が覚書として記しているものなので、アテにならない面もあると思います。 それでもおKならば、過去文を参照してください。 アテにならないのは困るんだ!!!という方は、「コアな常連さん」「キッザニアファンサイトさん」の ところへ、さあどうぞ。
キッザニア記事「過去文」を探すには

過去に体験した頁へリンクを貼っている時もあれば、貼ってない時もあります。 怠惰が服着て歩いている、そんなあたくしなのでお許しください。 「全記事表示リンク」「アーカイヴ」から、若しくは「Seach」や「検索」に単語を入力してご覧下さい。
プロフィール

RAZI

Author:RAZI

RAZI=ラジ

ブログ開設時の3歳はチェブラーシカにそっくり、
9歳の今はオタマロにそっくりな男児の母にして、
何よりも焼麸を愛し、米よりも焼麩を主食に選び
恍惚と貪り食う、「グルテンフリー」の世の中の
流れとは真逆に生きる女。

好物・・・「腐」傾向もあったりなかったり。

◆Peanuts◆
スヌーピー
チャーリーブラウン

◆アメコミ◆
スパイディ
デッドプール
フラッシュ
ティーンタイタンズ

◆音楽◆
洋物全般(ジャンル問わず)
仮面ライダーもの

◆パフォーミングアーツ◆
歌舞伎
(音羽屋・・・おやぢさま、松緑さま 亀亀兄弟
播磨屋・・・米吉くん
高麗屋・・・染さま)
小劇団(カムカムミニキーナ、動物電気)

◆映画◆
「フラットパック」のメンバーの作品は
未公開も含めて全作観るのが使命だと
思っている、加えて、世間の評価がどうであれ、
「フラットパック」メンバーの作品は全て
アカデミー賞ものであるとそう頑なに信じる
狂信的「フラットパック信者」。
---- 「フラットパック」メンバー ----
ベン・スティラー
ジャック・ブラック
ウィル・フェレル
スティーヴ・カレル
ルーク・ウィルソン
オーウェン・ウィルソン
ヴィンス・ヴォーン

◆笑わせる人達◆
チュートリアル(福ちゃん贔屓)
フットボールアワー(後藤さん贔屓)
オリエンタルラジオ
オードリー


◆和物ドラマ◆
相棒(イタミン、神戸くん、大河内さん、
暇課長周辺)
仮面ライダー「OOO」、特にバースコンビ。

◆洋物ドラマ◆
Dr.HOUSE
Glee
CHUCK
モダンファミリー
ママと恋に落ちるまで
ビッグバン★セオリー

→HOMICIDEを知っている人、あなたとは
生涯の友になれそうな気がします。
いや、是非なってください。



最新記事
全記事表示リンク
カウンター
検索フォーム

Archive
忍者AdMax 無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ