FC2ブログ

めんどくさいので一気に・・・第4回カリテ第5回カリテ結果

仕事ががっつり立て込んでいる中、ちょっとスイミングでゴタゴタが勃発しそれに巻き込まれてしまって
なかなか更新できない間に、4回目のカリテの結果も出て5回目のカリテの結果も出て、そして後日試験で
受けた全国模試も終わってしまって、明日あたりその結果が出る(正規日受験の子達は全員既に
月曜日に結果が出て、今日あたり成績優秀者の名前が載った冊子を配られている頃だろう。

しかし4月から5月頭にかけて忙しかった。
4月17日に4回目のカリテを受け、4月31日に5回目のカリテを受け、5月10日に全国模試を受けた。
その間、週に4回スイミングがあり(ちょっとしたトラブルに巻き込まれ←あたくしが
精神的にも非常に疲れた。人から愚痴ばかり聞かされると老けるよ全く・・・・)、大会はあり
GWは朝練・昼食後からの夕練そして夜練まであった。
正直、水泳で生きていくわけじゃないのに、こんな練習して馬鹿じゃないかと思うくらい
チェブは泳いでいた。
無論テストの勉強時間なんかなかった。
考えてみれば、何事もエンジンのかかるのが遅いチェブである。
漢字を書かせればミミズが溺れているような字でのたくたのたくた・・・と(チェブの名誉の為に
言うが本人はいたって真面目に書いているのである、ミミズが溺死したような字を)、15文字練習
するのに2時間もかかるようなチェブだ、勉強時間なんてあるわけない。
同じ育成(チェブは日能研を辞めたくないという理由で一切の習い事禁止の本科を辞めて、育成に
戻してもらっているが、バタフライだけは特別処置で本科生の同じ待遇をして頂いている、
頼んでないけど!!!)の中には、チェブと同じように1日何時間もカバのように泳いだあとで、
15分くらいで食事を終え、その後で公文のプリントを10枚くらいパパパッと凄い勢いで
片づけていく子もいる。
だけど、チェブは、食事ものろい。
だいたい1回の食事に30分はかかる(給食当番の子に気を使って、給食は20分以内で食べられる
ように最初から量を半分くらいに減らしている)。
もぎゅもぎゅもぎゅもぎゅ・・・てめぇは牛かよっ!!!ってくらい噛んでいる。
何するのものろい、食うのものろい、ついでにトイレも長い・・・そんなチェブにはさ、進学塾と
習い事なんて両立できないんじゃないか?
これ、ほんと、毎日悩むよね、「早くしなさい」って1日500回くらい言ってるし、そのことで
旦那とはバトルになるし。

でもさ、昨日、お世話になっている人に言われたんだよね。
チェブみたいに一人っ子は反抗期に入ってきた時、兄弟姉妹に相談することもできない。
基本優しくておっとりしていて精神年齢が幼稚だから周囲に当たり散らすこともできず、鬱積を
自分の中に貯め込んでしまう。
だからそんな時に体を動かしているとストレス発散になるから、チェブはスイミング続けたほうが
いいと思うよ・・・。
って。
うん、チェブが大好きだった、元公文の教室の室長がたまたま東京で用事があり、その合間に
お逢いすることができて、その時にこう仰って頂いた。
だけど、恩師の言葉だけど、実のところどうなんだろね。
あたくしなんか、反抗期は1番妹の喧嘩したし、数年も口をきかなかった、たぶん4,5年ぐらいかな・・・。




 
・・・って、また脱線してしまったけど、成績の話。
めんどくさいので、一気に備忘録として掲載。




第4回目カリテ(正規日受験)

「共通」(応用クラスだけでなく基礎クラスも含めての結果、4教科受験者は6098人、
国算理の3教科受験者6373人、2教科受験者7151人)

「4教科」・・・9(400番台前半、男子3076人中 200番台前半)
「3教科」・・・8(6373人中300番台前半、男子3276人中200番台後半)
「2教科」・・・9(7151人中500番台前半、男子3656人中200番台後半)

これが応用クラスのみとなると・・・

「4教科」・・・7(2524人中600番台前半)
「3教科」・・・7(2656人中700番台前半)
「2教科」・・・7(2824人中 800番台前半)

国語が足を引っ張ってる・・・、国語脳皆無だもんなぁ・・・。

クラス順位(25人中←入塾テストですこぶる良い成績を出した4人が4月から増えた)

算数・・・4
国語・・・10
理科・・・8
社会・・・10
総合順位・・・4

とりあえず全国順位で過半数突破したので、今回もご褒美が発生する。
第4回のご褒美は・・・(因みに第3回のご褒美は「ズートピア」の映画にした、チェブがいるので吹き替えで
見たんだけど上戸さん上手だったよ、個人的には。全然よかった。ストーリーもよくよく練られているし
もう1度見たい。でも日本人歌手がヘタすぎて、彼女の歌が流れる度に萎えた)。




今まで長く使っていたのはポケモンの古いやつ(コップ付き)なんだけど、チェブはもう全然まったくポケモンに
興味なくて、何かの折に新調しようかね・・・と前から話していたんだけど、学校から「社会科見学に
行くがその際には肩掛けでコップ付きでなくダイレクトに飲める水筒を持ってきてください」と指示があったので
これは絶好のチャンスとばかりに今回のご褒美に採用。
チェブも大好きなスヌーピー、しかも映画版で大喜びしてくれた、よかったよかった。




でもって、お次は「国語能力皆無、言語能力に問題あり」なのが発覚した第5回カリテ。
いや、ほんと言語能力がおかしいんだよ。
なぜ、-他の教科の正答率3%の問題が解けて正答率95%の国語の問題が解けないんだ?
正答率95%って、それって日本人なら誰でも解けるってことだろ?
なのに解けないって、おまえは宇宙人か?
そもそも長文読解にしたって日本人なら文章読んだら自然と答えが頭に浮かんでくるだろ?
なのに何も浮かばないっておかしいんじゃないか?
日本語読めてるんだろうか?
判らん。

空白がやけにまぶしかった国語以外で辛うじて応用クラス残留できそうな成績に留まることができた、
ありがとう他の3教科達。
君たちのお陰だ。

第5回目カリテ(正規受験)

共通(応用+基礎クラス合わせた成績、4教科受験者は6523人、3教科受験6845人、2教科受験7737人)

「4教科」・・・8(6523人中500番台後半、男子のみ3311人中 300番台前半)
「3教科」・・・8(6845人800番台後半、男子のみ3539人中500番台前半)
「2教科」・・・8(7737人1000番台後半、男子のみ3975人中600番台前半)

これが応用クラスだけになると・・・

「4教科」・・・7(2664人中600番台前半、男子のみ1280人中300番台前半)
「3教科」・・・7(2847人中800番台後半、男子のみ1409人中400番台後半)
「2教科」・・・6(3040人中1000番台前半、男子のみ1493人中 500番台前半)

つくづく国語めっ、国語めっ、国語めっ!!!

クラス順位(25人中)

算数・・・2
国語・・・24位(最下位じゃなかったよ・・・にしても酷い、酷すぎる)
社会・・・2
理科・・・6
総合・・・3

日能研は「本部系」「関東系」などに分かれているが、その「本部系」「関東系」の中でも複雑にいろいろと
システムが違うことは以前少し記した。
宿題をバンバンだしてくれるところ、独自のテキストを使って小テストをやってくれるところ、テストの
直しをノート提出して解説してくれるところ、何もしないところ。
うちの教室は何もしないところだ。

そしてまた新たに教室によってシステムが違う話なんだが、テストの点の優秀者には優ノートが配られる
というシステムも、厳密には教室によって違う。
総合順位5位までの子がもらえる校舎、各教科3位までの子がそれぞれもらえる校舎、総合でも
教科でも5位までに入っていたらどちらでももらえる校舎、いろいろだ。
ここでは3位と記しているが、中には教科5位までにノートを渡す校舎だってある。
授業の終わりに手渡して渡してくれる校舎もあれば、クラスみんなの前で表彰式のようにして渡す
校舎もある。

ところで、チェブは3月までスイミングの大会が目白押しで、正規の受験日に受験することができず
後日テストばかりだった。
後日のテストの場合、どんなに良い成績をとっても、正規日程ではないので校舎の優秀成績者名簿に
名前も載らないし、優ノート配布対象からだって外される。
チェブは「日能研なんて書いてあるノートなんか日能研でしか使えないから要らないよ」と言ってたが
先生達は勿体ない・・・とおっしゃってくださった。

今回4月は、たまたま大会などに重ならず、両日ともに正規日程で受けることができた。
だからチェブに「うまくいったらノートもらえるかも!!!頑張れ!!!」と言ったら「ノート?そんなの要らないよ」と
可愛くない返答をされ、軽くイラッときた。
あんたは要らなくても、あたしは1度でいいから「優」って書いてあるノートを見てみたいんだよ!!!

ところがだ。
これは後に知ったことなんだが、4月に人事異動があり、校長が変わった途端、うちの校舎は
「成績優秀者には優ノート配布」というシステムが撤廃されてしまった!!!
ちぇっ、つまんねーの。

今回もとりあえず全国順位で過半数を超えているのでご褒美発生。
今回のご褒美はチェブがずぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅっと行きたがっていた上野の国立博物館でやっている
「大恐竜博2016」。
実はあたくしも恐竜好きなので、存分に楽しめた。
日本発展示の「スピノサウルス」がまぁすっごい迫力だった。
チェブも借りたけど、500円で子供専用のイヤホンガイドが借りれて、それが物凄く充実した内容で
素晴らしかった。
「恐竜博2016」のチケットで隣接している「地球館」「日本館」も見ることができてお買い得チケットだった。
「地球館」の2階のレストランが美味しかった。

DSC_0004.jpg

DSC_0006.jpg

DSC_0007.jpg

食べる前は、どうせこーゆーところのレストランなんだからまずいに決まってんだよ!!!と決めつけてた。
ごめんなさい!!!
いっぱいごめんなさい!!!
そこらのファミレスなんかより全然美味しいし、お値段も手頃。
ガラス張りになっていて、眼下に地球館の展示を見ることができるのも嬉しい。
もう1度行きたいわ。
スポンサーサイト



« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
キッザニア記事について
勘違いをされる方が多いので、改めて・・・。
キッザニアクラブの3つ星を遥か昔に取得してはいますが、当方「コアなキッザニア常連」でもないし、 拙宅も「キッザニアファンブログ」ではありません。 寧ろ「コア」にも「通」にもならないよう、いつまでも新鮮な気持ちの「新参者」でありたいと 思っています。 「キッザニア以外の記事は要らないねっ!!!」「最新情報しか要らないねっ!!!」という方は、 ブログ名に「キッザニア」をつけているような「キッザニアファンサイトさん」へどうぞ。

キッザニアは、全般的なシステム、その他諸々が変更になることがあります。 1回に体験できる定員についても、人気の為によく変更が起こります。 こちらに書かれていることは、「あくまで記事を記した時期のこと」と、 ご理解された上で参照してください。

1個人が感じたことをそのまま記しております。 中には、意見の相違からムカっ腹の立つことが書かれているかもしれませんが、万人に 読んで頂こう、賛同を得ようと思って記しているわけではないので、気に入らないのなら 読まなくて結構です、こちらも「読んで」と頼んではいません。

拙宅は、あくまで1個人が覚書として記しているものなので、アテにならない面もあると思います。 それでもおKならば、過去文を参照してください。 アテにならないのは困るんだ!!!という方は、「コアな常連さん」「キッザニアファンサイトさん」の ところへ、さあどうぞ。
キッザニア記事「過去文」を探すには

過去に体験した頁へリンクを貼っている時もあれば、貼ってない時もあります。 怠惰が服着て歩いている、そんなあたくしなのでお許しください。 「全記事表示リンク」「アーカイヴ」から、若しくは「Seach」や「検索」に単語を入力してご覧下さい。
プロフィール

RAZI

Author:RAZI

RAZI=ラジ

ブログ開設時の3歳はチェブラーシカにそっくり、
9歳の今はオタマロにそっくりな男児の母にして、
何よりも焼麸を愛し、米よりも焼麩を主食に選び
恍惚と貪り食う、「グルテンフリー」の世の中の
流れとは真逆に生きる女。

好物・・・「腐」傾向もあったりなかったり。

◆Peanuts◆
スヌーピー
チャーリーブラウン

◆アメコミ◆
スパイディ
デッドプール
フラッシュ
ティーンタイタンズ

◆音楽◆
洋物全般(ジャンル問わず)
仮面ライダーもの

◆パフォーミングアーツ◆
歌舞伎
(音羽屋・・・おやぢさま、松緑さま 亀亀兄弟
播磨屋・・・米吉くん
高麗屋・・・染さま)
小劇団(カムカムミニキーナ、動物電気)

◆映画◆
「フラットパック」のメンバーの作品は
未公開も含めて全作観るのが使命だと
思っている、加えて、世間の評価がどうであれ、
「フラットパック」メンバーの作品は全て
アカデミー賞ものであるとそう頑なに信じる
狂信的「フラットパック信者」。
---- 「フラットパック」メンバー ----
ベン・スティラー
ジャック・ブラック
ウィル・フェレル
スティーヴ・カレル
ルーク・ウィルソン
オーウェン・ウィルソン
ヴィンス・ヴォーン

◆笑わせる人達◆
チュートリアル(福ちゃん贔屓)
フットボールアワー(後藤さん贔屓)
オリエンタルラジオ
オードリー


◆和物ドラマ◆
相棒(イタミン、神戸くん、大河内さん、
暇課長周辺)
仮面ライダー「OOO」、特にバースコンビ。

◆洋物ドラマ◆
Dr.HOUSE
Glee
CHUCK
モダンファミリー
ママと恋に落ちるまで
ビッグバン★セオリー

→HOMICIDEを知っている人、あなたとは
生涯の友になれそうな気がします。
いや、是非なってください。



最新記事
全記事表示リンク
カウンター
検索フォーム

Archive
忍者AdMax 無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ