FC2ブログ

一気にいくよ、第7回から10回までのカリテ結果および第3回全国模試

カリテと全国模試が連続3週間、それに連日のスイミングおよび大会・対抗試合などに散々振り回され
そもそも時間の使い方が下手でなかなかブログのほうに手が回らず、すっかり夏休みに入り、もう7月も
終わりかけ・・・というこの状況。

キッザニアの記事を探して辿り着いてくださった方々には大変申し訳ないけれど、キッザニアはずっとご無沙汰で
最新レポは皆無です。
以前からあるお仕事は、内容もそう変わらないものもあるのでそれは参考にして頂けるところもあるかと
思いますが、新しく誕生したお仕事のレポは全くありません、行ってないから書けるわけない。
そもそも、当方「キッザニアファンクラブ」や「キッザニアレポ」のサイトではなく、「生きてるチェブの備忘録」な
サイトであり、その1つとして「キッザニア」があったわけで'(あるわけで)、そこには最新とかはどうでも
いいわけで、最新情報をお求めの方々のご期待には添えられません、あしからず。


さてさて、今回はずっと放置していた←いつもだけどカリテと全国模試の結果を忘れないうちに。
つか、そのテスト勉強の最中どうだったとか、そんなことすらもうすっかり忘れているんだけど、ただただ
3週間ぶっ続けでテストテストテストはチェブもあたくしも非常につらかった・・・という記憶しかない。
4年でこれだもん、5年6年になったらどうなるんだろう。
つか、その時、果たして我が家はまだ日能研に通っているだろうか?
チェブの通っている小学校は中学受験に対してとても理解があり、理解を示してくれる学校なので
年々受験する子供が増えてきた・・・ということは、確か随分と以前に記した記憶がある、うすら馬鹿の
あたくしもなんとなくそれは覚えている。
4年生のチェブのクラスでも、4月の頭ぐらいには中学受験の為に塾に通っている子はクラス26人中
10人もいなかった。
ところが、6月以降からどどっ・・・と増えてきて、今現在は約過半数が受験の意思を表しその為に
塾通いするようになった。
因みに、何度も記すが我が家は日能研に通っているものの、それはスイミングと時間が重ならないのは
日能研の今のお教室しかなかったからなので、ここにきても未だに受験するかどうか決めかねている。
ただ性格的なことを考えると、私立向きかな?とは思う。
内申取れるようなタイプじゃないもんなぁ~。
積極性ないし、媚びることもできないし、要領も悪いもんなぁ~、先生のお気に入りタイプにはなれないわ。




またしても本題からズレたけど、今回は今まで載せていなかったテスト結果をざざっと一気に記す。
総論としては、お馬鹿さんで脳が残念なチェプから鑑みれば、概ね上半期は健闘して終えることが
できたのではないだろうか・・・。




 
日能研評価区分
うちは脳みそが残念な子なので、評価7以上取ったら赤字にさせてくださいまし。

10 偏差値70~   上位3%
 9 偏差値65~69 上位7%
 8 偏差値60~64 上位16%
 7 偏差値55~59 上位31%
 6 偏差値50~54 上位50%
 5 偏差値45~49 上位69%
 4 偏差値40~44 上位84%
 3 偏差値  ~39 上位100%






第7回カリテ

「共通(基礎・応用含めた全4年生の中での成績)」

4教科・・・7(6583人中1300台後半、男子だけ3326人中700番台前半)
3教科(国算理)・・・7(6912人中1300番台、男子だけ3655人中800番台前半)
2教科・・・8(7814人中800番台前半、男子だけ4001人中400番台前半)

「応用クラスだけの成績」

4教科・・・6 (2700人中1000番台前半、男子だけ1290人中500番台前半)
3教科(国算理)・・・6 (2887人中1000番台前半前半、男子だけ1424人中500番台前半)
2教科・・・7(3080人中500番台前半、男子だけ1503人中300番台前半)

今回は理科が平均的より-20点以上も悪く、理科単独評価がなんと5
なんて取ってしまったもんで、4教科と3教科の評価が影響を受けてドドーンと落ちた。
国語と算数はまあまあだったので、なんとか助かった感じかな(応用で評価は6は全然助かっていないんだけど
なにせチェブは残念脳なので他のワラベと比べたらいかんいかん)

「クラス順位」・・・4月から前回までのテスト結果で2名が基礎クラスに落ちてしまい、応用クラスは24人に
(10位以内までは赤字にさせてくださいまし)。

国語・・・5
算数・・・2
社会・・・8
理科・・・20位←!!!
総合・・・7

最近知った話だと、うちのお教室、国語がお出来になるワラベがとても多く、国語のレベルが近隣の他の
お教室よりもレベルが高いんだって。
チェブもこの時130点を超えたけど国語評価7しかつかなかったもんなぁ・・・。

きっと他人様からすると「えっ、これで!!!」と驚き桃の木なんだろが我が家は例によって過半数取ったら
ご褒美ゲットな過保護な家なので(これはその家その家の持論があるだろうが、我が家はやったら
やっただけご褒美の家庭です。人間欲望があるから動けるのです、それは子供だって同じこと・・・という持論
です)
今回も過半数を超えたのでご褒美発生。
でも理科がとんでもなく悪かったので、ご褒美額の上限がいつもより低く設定。




「塾と学校とそれぞれ別の水稲を持っていきたい」と言っていたので、ご褒美は水稲に。
勿論、スヌヲタのチェブなのでスヌーピーに決まり。







第8回カリテ

「共通(基礎・応用含めた全4年生の中での成績)」

4教科・・・9(6478人中400番台後半、男子だけ3241人中200番台前半)
3教科(国算理)・・・9(6815人中500番台前半、男子だけ3479人中300番台前半)
2教科・・・9(7705人中600番台後半、男子だけ3898人中300番台後半)

「応用クラスだけの成績」

4教科・・・7(2770人中500番台前半、男子だけ1313人中200番台前半)
3教科(国算理)・・・7(2959人中500台後半、男子だけ1446人中300番台前半)
2教科・・・7(3148人中600番台前半、男子だけ1533人中300番台前半)

応用の各科目評価も全て7なので、前回よりは良かったかなぁ~と。
とにかく前回の理科が最悪でクラス落ちにひっかかるんじゃないかとヒヤヒヤだったから、なんとか首の皮
一枚で繋がった・・・ってところだろうか。
あぶない、あぶない。

「クラス順位」
新たに入塾テストを突破して応用クラスに1人追加されクラス人数は25人。

国語・・・8
算数・・・4
社会・・・4
理科・・・5
総合・・・3

今回なんとか盛り返したので「ご褒美」の上限も通常通りとなり、好きなのどうぞ・・・になったところで
チェブが選んだのは

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【送料無料】学研 パズル日本地図
価格:2579円(税込、送料無料) (2016/7/30時点)




塾に行くといつも遊んでいるパズルと同じ物。
実は我が家に日本地図パズルがやってくるのはこれで3つめとなる。
1つは5歳になった時に親戚のおじさんから頂いた「木製日本地図」、明らかに上等な知育玩具だったが、これが
子供の小さな指には硬くて、土台から取りだすのも土台にはめ込むのもしっくりいかない。
結局チェブは2,3回遊んだだけで「要らない」と言い、保育園のバザーに出すことにした。
ただ、「日本地図はできるだけ小さなうから生活の中に取り入れておいたほうが良い」と保育園の先生も
仰られていたので、既に通っていた「くもん」から出ている日本地図パズルを購入した。
ところが、こっちはイラストが全くなくて実用性第一「ほらお勉強しなさいよ」の雰囲気に、当時「かわいいものが
好き、かわいくないものは嫌い」病だったチェブが拒絶反応を示し、これは今はクローゼットのどこかに入ったまま。

そして月日が流れ、日能研に通うようになったチェブが、あたくしがお迎えに行くのを待っている間に
いつも遊んでいたのが「学研日本地図」。
確かに実用性第一の「くもん」のパズルよりは多少イラストも描かれていて馴染みやすい。
が、チェブがこのパズルに惹かれた最大の理由は、持った感触だという。
実際、あたくしも塾で触ってみたら、パズルのカットの仕方が微妙に丸くなっていて小さな手にもしっくりくるように
なっている。触っていても「裁断しました」感がない。これ子供には結構重要。
また、土台にはめ込む感覚もパチンというよりは、「シュタ」とスッーと入っていく。
これは3,4歳児でも持ちやすい馴染みやすい。
生息動物・作物名所などをイラストで紹介してくれているのも、色具合もどこか褪せた色味の「くもん」のより
カラフルなのも馴染みやすくて遊んでいるうちに自然と覚えられる。
ってことで、コレに決定となった。








第3回全国模試

「偏差値」
70>理科>65>3教科>4教科>国語>2教科>60>社会>算数>55

算数のケアレスミスが致命的だった。字が汚くて0だか6だか判らなかったりしてそこも失点した。
字のことは口がひん曲がる程言っているのに、未だに治らない。
3歳の頃から何年も言い続けてきて、それこそ喉から血が出る程言い続けてきたのに慌てて書くもんだから
象形文字みたいになって、5だか8だか判らない字ばかり書く。
時には書いた本人ですら、後から自分が何を書いたのか解読できないこともある。
一体あと何年言い続ければ、まともな字(本人以外が読める字)が書けるようになるのだうろか?
これだけ失点しているのに本人は全く気にしていないとは、一体どういった根性なんだろうか?
人の話が理解できないのだろうか?
日本語が理解できないのだうか?
またしても言語能力から疑わなければならないのか?

「順位」
4教科・・・6697人中680番台前半、男子だけ3386人中300番台前半
3教科(,国算理)・・・7020人中670番台前半、男子だけ3616人中300番台前半
2教科・・・7947人中1200番台前半、男子だけ4053人中600番台前半
国語・・・7947人中800番台前半、男子だけ4053人中350番台前半
算数・・・7947人中2000番台前半、男子だけ4053人中1000番台前半
社会・・・6697人中1100番台前半、男子だけ3386人中500番台前半
理科・・・7020人中1位、男子だけ3616人中1

DSC_0019RIKABUROGU.jpg

マジか!!!と思ったらマジだった。
もう死ぬまでこんなことはないだろうと写真に撮っておいた。
因みに、チェブはこの日、まだ結果で出ていない時、スイミングでの態度が酷かったのであたくしに横っ面を
おもいきり殴られていた。
その態度というのは、この日タイム測定だったのだが、タイムを計るということは結果が良い子もいれば
悪い子もいる。
タイムなんて1回計るごとに変わるし、その日の気持ちや体調によっても変わる。
自分がタイムが落ちて泣きたいのを堪えているその横で「やったやったタイム上がった」と喜んでいる子がいるのが
スポーツの世界だ。
チェブは5歳の頃から選手としてタイムといつも戦ってきて、嬉しいことより辛いことのほうが多い、平凡な子だから。
持って生まれた才能の無い子は泣くことのほうが多い。
だから練習するのみであり、だから選手層の中で生き残れる策を自分で見出すしかない(それがチェブには
バタフライだったわけだけど)。
で、そのタイム測定で、チェブはいつも致命的なタイムしか出せず、いつも足を引っ張る平泳ぎが何故か
この日は快調だったために、100m個人メドレーのタイムがぐぅんと伸びてベスト更新した。
バタフライはさらに新記録も出していて、中学生の選手層と争う程の素晴らしいタイムを出せた。
それを喜ぶのは素直でよろしい。
努力したんだから、喜びなさい。
ただ、あたくしが腸が煮えくり返って、我が子ながら殺意まで覚えたのは、「○○君に勝ったよ、○○君より
僕のほうが全然速かったよ!!!○○君より僕のほうが年下なのに僕が勝った!!!」と○○君と○○君のママがいる前で
大きな声で自慢したことだった。
それを言われた○○君や○○君のママの気持ちが何故判らないのか!!!
腹の中で喜んだり、家に帰ってから言うのならまだ許せるが、本人の目の前でそれを言うとは人として
おかしい。
どうにもおかしい。
寧ろ、人としてありえない。
すぐに「上から目線で喜ぶなんてあんたは何様なの」とその場で叱り、○○君と○○君のママに謝罪させた。
○○君も○○君ママもとても良くできた御仁なので「いいの、嬉しかったんだよね」で笑ってくださったが
あたくしの怒りは収まらず、家に帰ってから「おまえは何様だ!!!何故人の気持ちが判らないのか!!!」と横っ面を
張り倒した。
横っ面を3回張っただけで済ませられた自分を偉いと思った。
チェブは30分ぐらい号泣してから反省し自ら○○君に謝罪の手紙を書きだしたので、この件はここで
収めることにした。
その直後にこの成績を知ったので、あたくしの怒りも漸く沈静したってところだ。

「クラス順位」
前回と変わらず25人。

国語・・・8
算数・・・8
社会・・・10
理科・・・1
総合・・・4

実はあと2点で全国優秀者の名前が記される冊子に載るところだった。
「惜しい!!!」とチェブに言ったら、「僕はあんまりそういうの興味ない」と煮え切らない。
この先もうそんなチャンスなんて死ぬまでないのだから、もっと「惜しかったぁ~!!!」とか「載れるように
がんばるぅ~!!!」とか言えば可愛いものを、親としても大金払って塾に通わせている甲斐があるってものを
シレッとこう言われると、なんだか判らないが腹が立つ。
(なんだてめぇこのヤロー、もっとやる気を見せろよこの馬鹿!!!てめぇの為にいくら払ってると思ってんだ!!!)
と、あたくしは人間ができていないので正直はっきりくっきり思う。


今回の「ご褒美」は「理科凄かったね」と「過半数超えたね」の2つ。
「理科凄かったね、もう死ぬまでこんな点数は取れないね」のご褒美は、毎年の夏の楽しみ
三越銀座で行われる毎年行われる日本全国からスヌヲタがやってくるスヌーピーの催事で購入することにし、
通常の「過半数超えたね」のご褒美は



imgrc0065622565.jpg

今、お友達との間で凄く流行っていてチェブも既に400枚くらいカード持っているからもうこれ以上は要らないだろ
って思うんだけど要るらしい。
あたくしは全く興味ないから、その価値が判らないけど。
カードゲームってなんであんなに子供は夢中になるんだろう、謎。
そんなにカードで遊びたいなら、トランプでもしとけばいいのに・・・。





予定していたより長くなったので、残りの結果は次回に続く・・・。








スポンサーサイト



« »

07 2020
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
キッザニア記事について
勘違いをされる方が多いので、改めて・・・。
キッザニアクラブの3つ星を遥か昔に取得してはいますが、当方「コアなキッザニア常連」でもないし、 拙宅も「キッザニアファンブログ」ではありません。 寧ろ「コア」にも「通」にもならないよう、いつまでも新鮮な気持ちの「新参者」でありたいと 思っています。 「キッザニア以外の記事は要らないねっ!!!」「最新情報しか要らないねっ!!!」という方は、 ブログ名に「キッザニア」をつけているような「キッザニアファンサイトさん」へどうぞ。

キッザニアは、全般的なシステム、その他諸々が変更になることがあります。 1回に体験できる定員についても、人気の為によく変更が起こります。 こちらに書かれていることは、「あくまで記事を記した時期のこと」と、 ご理解された上で参照してください。

1個人が感じたことをそのまま記しております。 中には、意見の相違からムカっ腹の立つことが書かれているかもしれませんが、万人に 読んで頂こう、賛同を得ようと思って記しているわけではないので、気に入らないのなら 読まなくて結構です、こちらも「読んで」と頼んではいません。

拙宅は、あくまで1個人が覚書として記しているものなので、アテにならない面もあると思います。 それでもおKならば、過去文を参照してください。 アテにならないのは困るんだ!!!という方は、「コアな常連さん」「キッザニアファンサイトさん」の ところへ、さあどうぞ。
キッザニア記事「過去文」を探すには

過去に体験した頁へリンクを貼っている時もあれば、貼ってない時もあります。 怠惰が服着て歩いている、そんなあたくしなのでお許しください。 「全記事表示リンク」「アーカイヴ」から、若しくは「Seach」や「検索」に単語を入力してご覧下さい。
プロフィール

RAZI

Author:RAZI

RAZI=ラジ

ブログ開設時の3歳はチェブラーシカにそっくり、
9歳の今はオタマロにそっくりな男児の母にして、
何よりも焼麸を愛し、米よりも焼麩を主食に選び
恍惚と貪り食う、「グルテンフリー」の世の中の
流れとは真逆に生きる女。

好物・・・「腐」傾向もあったりなかったり。

◆Peanuts◆
スヌーピー
チャーリーブラウン

◆アメコミ◆
スパイディ
デッドプール
フラッシュ
ティーンタイタンズ

◆音楽◆
洋物全般(ジャンル問わず)
仮面ライダーもの

◆パフォーミングアーツ◆
歌舞伎
(音羽屋・・・おやぢさま、松緑さま 亀亀兄弟
播磨屋・・・米吉くん
高麗屋・・・染さま)
小劇団(カムカムミニキーナ、動物電気)

◆映画◆
「フラットパック」のメンバーの作品は
未公開も含めて全作観るのが使命だと
思っている、加えて、世間の評価がどうであれ、
「フラットパック」メンバーの作品は全て
アカデミー賞ものであるとそう頑なに信じる
狂信的「フラットパック信者」。
---- 「フラットパック」メンバー ----
ベン・スティラー
ジャック・ブラック
ウィル・フェレル
スティーヴ・カレル
ルーク・ウィルソン
オーウェン・ウィルソン
ヴィンス・ヴォーン

◆笑わせる人達◆
チュートリアル(福ちゃん贔屓)
フットボールアワー(後藤さん贔屓)
オリエンタルラジオ
オードリー


◆和物ドラマ◆
相棒(イタミン、神戸くん、大河内さん、
暇課長周辺)
仮面ライダー「OOO」、特にバースコンビ。

◆洋物ドラマ◆
Dr.HOUSE
Glee
CHUCK
モダンファミリー
ママと恋に落ちるまで
ビッグバン★セオリー

→HOMICIDEを知っている人、あなたとは
生涯の友になれそうな気がします。
いや、是非なってください。



最新記事
全記事表示リンク
カウンター
検索フォーム

Archive
忍者AdMax 無料サンプル、ブログライター、ブログで口コミプロモーションならレビューブログ